代表プロフィール
Kazz Morry 1960年 鎌倉市生まれ

2007年 SUPと出会う

2008年 Hawaii Paddle core のReid Inouye氏よりパドルテクニックを学ぶ

世界各地のパドラーから様々なパドルテクニックを学ぶ

フィットネス要素を取り入れたパドリング理論「P-fit」を提唱、意匠登録する。

2010年 SURFTECH JAPAN代表取締役に就任

高知Ya-sea SUPレース 優勝

松崎カヤックマラソンSUPの部 準優勝

カケロマカヤックマラソンSUPの部 3位

2011年 東日本震災復興チャリティーサーフミート SUP Waveの部 優勝

RACEの部 3位

2012年 Wow action Sport(株)に社名変更・代表に就任

第一回SUPA 全日本選手権 総合17位

2014年 東京スポーツレクリエーション専門学校にてSUP講義始まる

2015年 いすみパドルクラブを

2016年 NPO法人 ウォーターフィットネス協会設立 理事長に就任

「水と健康」について研究と安全普及に取り組む